ウーマン

面倒な手続きが不要になる!廃車は業者に任せてお得に処分

このエントリーをはてなブックマークに追加

どのように対処するか

ミニカーとお金

自分で行なう場合

車を廃車にするには、普通自動車なら陸運局で「永久抹消登録」を行なう必要があります。この手続きをしておかないと、自動車税などを納付しなければなりませんので、廃車にする場合は必ず行います。手続きの流れとしては、解体業者に車の解体を依頼し、解体後に陸運局で永久抹消登録を行います。解体するには、自動車リサイクル券が必要ですが、紛失していても料金の支払い状況は業者側で調べることができますので、心配いりません。車は解体業者などの廃車処理業務を請負ってくれる業者に引き渡します。その際に、車のナンバープレートと「使用済自動車引取証明書」を必ず受け取っておきます。後日、解体が終わると「解体報告記録日」を連絡してくれますので、メモなどに記録しておきます。この連絡から15日以内に陸運局で手続きをする必要があるので、注意が必要です。

依頼するなら

廃車の手続きは、自分で行なうことができますが、「解体報告記録日」の連絡から15日以内に手続きすることが難しい場合もあります。さらに、陸運局では土日祝日の受付はできませんし、平日も午後4時で受付は終了してしまします。誰かに依頼するのでしたら、行政書士や廃車買取業者などが利用できます。行政書士は、手続きの代行だけですが、陸運局に行けなくなった場合でも安心して任せることができます。廃車買取業者であれば車を引き渡せば、それ以降の解体や陸運局での手続きはすべて行なってくれます。さらに、廃車を買取ってくれますので、最もお得な廃車の手続きが可能です。信頼できる業者なら、自動車税などの還付があれば、依頼者に返還してくれますので、安心して利用できます。

車を専門店以外で売買

婦人

事故車をオークションで売る場合は、クレームや手続きの手間を考えて代行業者に任せた方がいいでしょう。その方が中間マージンを取られずにすむので、それだけ上取れる額も高くなります。さらに自走できないような車でも取り扱える専用のオークションも存在するので、事故車を売る際にも便利です。

便利なサービス

自動車

事故などで運転できなくなった自動車を処分する際は、廃車引取り業者が便利です。専門のスタッフの方が、積載車で車を引き取ってくれるからです。自分で苦労する事も無く処分できるので、安心して任せることができます。

査定を依頼

車内

愛車を売るには主に二つの方法があります。一つはディーラーの下取りに出す方法ともう一つは中古車販売店に売る方法です。後者の場合には数社の査定をとることによって、より高く売ることができます。ディーラーに下取りに出すよりも高く値段が付く場合もあるため人気です。